顕微鏡観察による夾雑物計測のサンプル調製

Request Information

メルクミリポアのフィルターで行う直接夾雑物の計測は、汚染分析において簡単で迅速なソリューションです。サンプルがメンブレンろ過後、直接光をあて、フィルターを調べるか、透過光を利用して計測します。フィルターは、汚染物質を捕捉した側を上にして顕微鏡の可動ステージ上に置きます。フィルターを、ゆっくりと前後に調節し、粒子が確認できたら、それをいくつかの異なる倍率で計測します。

Direct particle counting on a filter is a simple and rapid solution for contamination analysis

フィルター上で夾雑物を捕捉し、顕微鏡で観察測定することの長所

  •  夾雑物のサイズ分布を測定します。
  • 大型の夾雑物またはファイバーを簡単に検出します。
  • 測定場所ごとの夾雑物を識別して汚染源を特定します。
目的に応じて手順を変更することができます。非常に大型の夾雑物(>150 μm)のみを対象とする場合には、機器の洗浄にあまり注意する必要はありません。可能であれば、夾雑物の計測を2または5μmではなく50または100μmまでに留めて時間を節約して下さい。非常に細かい夾雑物の計測手順ではつねに、適切な照度、適切に配置された光学機構および入念なオペレーター訓練が必要です。

夾雑物モニタリング用のメンブレン

夾雑物モニタリング用のデバイス

弊社粒子モニタリングウェブサイトで夾雑物モニタリングサンプル採取、調製および分析のための全製品を見る。