大腸菌タンパク質発現の基礎が分かる!ウェブキャスト(動画)
2016年6月に開催し好評をいただいた「大腸菌タンパク質発現の基礎とpETシステム活用のポイント」を解説するウェビナーを動画にしました。

トランスフェクションとタンパク質発現の概要

Request Information

関連リソース:カタログ | アプリケーションノート

トランスフェクション

真核細胞への核酸やタンパク質の導入を成功させるには、トランスフェクション効率を最大化し、細胞毒性を最小限に抑え、目的にかなった遺伝子の発現またはサイレンシングを実現できるトランスフェクションプロトコールが必要です。トランスフェクションにおけるニーズに対する万能の解決策はありません。メルクミリポアは、お客様が理想的な実験を自由に設計するために必要なトランスフェクション試薬を広範な製品ラインナップで提供しています。
メルクミリポアが提供する試薬は、リン酸カルシウム法、エレクトロポレーション法、マイクロインジェクション法、パーティクルガン法、 DEAE-dextran法など様々な他のDNA導入技術に比べ、優れた性能を示します。ほとんどの試薬や細胞種で培地交換が必要ないなど、プロトコルはあらかじめシンプルに最適化されていますので、研究により多くの時間を費やすことができます。

タンパク質発現

メルクミリポアのタンパク質発現プラットフォームなら、目の前の生物学的疑問を解明するために最適な任意のタンパク質を精製することができます。可溶性、収率、毒性などに制限されることなく、研究対象のタンパク質を選択してください。クローニングや組換えタンパク質発現技術で知られるノバジェン(Novagen)の専門知識に基づくメルクミリポア製品なら、最も扱いが困難な遺伝子産物の機能さえも解明することができます。