FLEXMAP 3D® システム

Request Information

Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/luminex-images/luminex-flexmap3d.jpgFLEXMAP 3Dでは、様々に染色した蛍光標識ビーズセットと革新的な装置設計により、1つのサンプルで最大500アッセイの多項目同時測定を正確かつ迅速に行うことができます。

特長:

  • プローブ高の自動調節
  • 簡略化されたルーチンの保守作業
  • 直観的なソフトウエアインターフェース
  • 高処理多項目同時測定
  • タンパク質および核酸バイオマーカーの定量

FLEXMAP 3Dシステムの利点

  • 自動化/LIS適合性 – 新xPONENT4.2ソフトウエアがFLEXMAP 3Dシステムを制御し、保守作業のルーチンを自動化し、Laboratory Information Systems(LIS)および自動化システムとも接続可能。
  • 超高速 – 1時間以内に48,000のアナライトを定量。デュアルサンプル流路とシリンジのインジェクションスピードが増したことにより、サンプルの注入速度が高速化
  • 96ウェルと384ウェルに対応 – サンプル容量に対する高い柔軟性と、高い処理能力
  • 多機能 – ひとつの装置でタンパク質と核酸アプリケーションを同時に稼動可能
  • 拡張ダイナミックレンジ – 少なくとも最大400,000 MFI の線形応答
  • 最高処理能力の多項目同時測定 – それぞれのビーズは3種類の蛍光色素を異なる濃度で染色。この3つのシグナルの相対強度をモニタリングすることで、最高500セットのビーズを識別可能

FLEXMAP 3D多項目同時測定装置の製品仕様

  • 性能
    • マルチプレックス機能:最大500アナライトを測定
    • ダイナミックレンジ:4.5logs
  • その他
    • 寸法:幅58.4cm(23") x 奥行63.5cm(25.7") x 高54.7cm(23")
    • 重量:91kg(200lbs)以下
    • プレートヒーター動作範囲:35~60°C(95~131°F)
    • システムのウォームアップ時間*:30分
  • 光学系
    • 分類レーザー:635nm
    • レポーターレーザー:532nm
    • レポーター検出器:565~585nm
  • フロー系
    • シース液圧:8~15psi
    • サンプルインジェクションレート:2µL/秒
    • サンプル採取量:20~200µL
*FLEXMAP 3Dシステムはclass1(l)レーザー製品です。