Luminex®テクノロジーを用いた細胞内シグナル伝達経路アッセイキット

Request Information

関連リソース:Analyte Quarterly | アプリケーションノート | ポスター
シグナリング経路をより素早くマッピング
Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/Insulin-Signaling-poster2.jpg

インスリンシグナル伝達系 新ポスター

ポスターをリクエスト 

 

ウェスタンブロットと マルチプレックスアッセイの比較
ウェスタンブロットと マルチプレックスアッセイの比較
細胞シグナル伝達経路や細胞代謝などの細胞内経路の活性化を、ビーズを利用したMILLIPLEX®マルチプレックスアッセイを用いて測定します。
Luminex社のxMAP®プラットフォームを用いたマルチプレックスアッセイは、大量のサンプルを必要とする従来のウェスタンブロット、質量分析、放射性リン酸化アッセイと比べて、細胞内シグナル伝達経路に関する質問の答えをより素早く得ることができます。

Luminexテクノロジーについてさらに詳しく知る

MILLIPLEX MAP 細胞内シグナル伝達経路マルチプレックスキットとパネルは、当社の心血管疾患バイオマーカーキットの製造基準と同じ、厳しい性能基準を用いて分析的に検証されており、お客様の貴重なサンプルから最大限のデータを導くことができるように最適化されています。弊社の細胞シグナル伝達経路アッセイキットは、全シグナル伝達タンパク質とリン酸化シグナル伝達タンパク質の両方を正確に相対定量することが可能で、着目する経路内での関係性やクロストークを解明できます。

MILLIPLEX MAP マルチプレックスアッセイを、注目している細胞内経路研究に活用してください。

高品質の各キットによって、信頼できる結果を導いてください。プロトコールに記したアッセイの仕様に加えて、弊社の検証プロセスでは、交差反応性、希釈の直線性、キットの安定性、サンプル挙動(検出性や安定性)などの性能基準も評価しています。

分析的に検証された弊社の細胞内シグナル伝達経路アッセイキットには、下記構成品が含まれています。
  • アッセイ性能の適切性を確認するために提供される刺激後及び無刺激の細胞ライセート。細胞ライセートを見る。
  • 標的分子を捕捉するためのプレミックス磁気ビーズ
  • パネル内で一貫したアナライトプロファイルが得られるように設計された検出抗体カクテル
弊社のポートフォリオに含まれる、細胞内経路アッセイのキットのいくつかの例を以下に記します。

Akt mTOR NFκB JNK STAT ERK p38 p70S6K
TGFβ MAPK Src ファミリー T細胞受容体 DNA損傷 RTK 初期アポトーシス 後期アポトーシス

細胞代謝マルチプレックスアッセイ

  • 少量のサンプルを用いて、解糖系あるいは酸化的リン酸化経路及び酸化ストレス経路内の複数のタンパク質に関する相対的定量データが得られます。
  • 活性化試験の結果とのタンパク質レベルの比較が可能です。
  • エネルギー産生、ミトコンドリアの機能障害や毒性、代謝性疾患、神経性疾患、癌、加齢を調節している細胞内経路に関する、より深い理解が得られます。
すべての細胞代謝マルチプレックスアッセイをご覧になるには、アナライトキットファインダーをご利用ください。

細胞シグナル伝達リン酸化タンパク質+全標的タンパク質の2プレックスアッセイ

  • サンプル中のリン酸化タンパク質と全標的タンパク質のレベルを、同じウェル内で読み取ることで直接比較します。
  • 複数のタンパク質のリン酸化及び全発現を同時に検討するためには、他のリン酸化タンパク質/全標的タンパク質の2プレックスアッセイと組み合わせます。
  • お客様のマルチプレックスシグナル伝達アッセイキットから、相対定量的な数値変動データが得られます。
すべての細胞代謝マルチプレックスアッセイをご覧になるには、アナライトキットファインダーをご利用ください。

細胞シグナル伝達リン酸化タンパク質+全標的タンパク質のマルチプレックスプレミックスアッセイ

  • 単一サンプルにおいて、注目している経路内あるいは経路間の複数のリン酸化タンパク質又は全タンパク質を測定します。
  • お客様のマルチプレックスシグナル伝達アッセイキットから、相対定量的な数値変動データが得られます。
すべての細胞代謝マルチプレックスアッセイをご覧になるには、アナライトキットファインダーをご利用ください。

MAPmates™リン酸化タンパク質+全タンパク質のシングルプレックスキット

  • 最大8種類の独立したMAPmates™を組み合わせ、当社の細胞シグナル伝達研究用バッファー・検出キット(カタログ番号 48-602MAG)を用いると、独自のアッセイをデザインできます。*
  • 既存の MILLIPLEX MAP 細胞シグナル伝達キットに追加のMAPmates™を組み込むことができます。*
  • 既存のMILLIPLEX MAP 細胞シグナル伝達キットに組み込むことで、β–チューブリン又はGAPDHをハウスキーピング/ローディングコントロールとして使用できます。*
  • お客様のマルチプレックスシグナル伝達アッセイキットから、相対定量的な数値変動データが得られます。
MAPmateアッセイについてさらに詳しく知る

お客様の細胞内現象の研究力をさらに拡大するため、次に示すの循環 MILLIPLEX MAP マルチプレックスアッセイも提供しています。
 
Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/bmia-images/luminex-magpix2.jpgマルチプレックスアッセイは初めてですか?
Luminexテクノロジーの原理についてさらに詳しく知りたい場合はここをクリックしてください。

Analyte Quarterlyをダウンロードして、最新のアッセイ全リストをご覧ください。

対象のアナライトとキットを検索して価格を確認
ご注文を早く簡単にする2つのツール!

Interactive Product Selector

MILLIPLEXアナライトキットファインダー

ベストの品質データを得られるよう、まずは下記のアッセイファインダーを使って目的のバイオマーカーに適したアッセイを選択してください。
1
交差性を選択:

2
研究領域を選択:

3
ターゲットタンパク質を選択:

 

キットの設計と購入

最適なアナライトを把握していますか?ご自分でキットを構成できます。

カスタマイズ可能なパネルとプレミックスキット – または細胞シグナル伝達MAPmatesアッセイを選択

自分用のMILLIPLEX MAPキットを設計して、価格を確認しましょう。