Luminex®テクノロジーを用いた毒性バイオマーカーアッセイキット

Request Information

関連リソース: Analyte Quarterly | アプリケーションノート | ポスター | ウェビナー
製品の特長をクローズアップ
ニュース
薬物性肝障害:
マルチプレックスアッセイパネルによる新しいバイオマーカーの検出

Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/bmia-images/DrugDiscovery&Development_InTheNews.jpg
毒性研究ポスター:
創薬と開発における毒性:バイオマーカーとモデル生物

Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/bmia-images/toxicology-wall-chart.jpg
D&D記事を読む
 
今すぐダウンロード
MILLIPLEX® MAP マルチプレックスアッセイキットを用いれば毒性マーカーが測定できます。
毒性は、生物学的研究や医薬品開発のすべての側面に影響します。毒性試験の基本原則は、医薬品開発プロセスの中で、できるだけ早期に毒性化合物を排除することです。さまざまな器官における薬物誘発毒性は、医薬品開発が失敗する主な原因となっています。そのため、器官特異的な毒性試験は特に重要です。

理想的な毒性バイオマーカーは、器官又は組織に特異的なだけでなく、毒性が拡大する前に、器官や組織の損傷を特定できる感度を持った分子です。Predictive Safety Testing Consortium(PSTC)によって、器官特異的毒性の優れた予測が可能なタンパク質バイオマーカーが多数特定および評価されており、監督官庁等によって、毒性評価を確立するためのアッセイの特性が勧告されています。さらに、毒性バイオマーカーは、初期の安全性評価に用いられることが多い前臨床モデルに適用できることが理想的です。

MILLIPLEX MAP マルチプレックス毒性アッセイで、注目している毒性マーカーの研究を推進させてください。

ビーズを利用したマルチプレックスアッセイでは、毒性とその基礎にあるプロセスの正確なマルチパラメータ解析を行うことができます。弊社のMILLIPLEX MAP マルチプレックス毒性バイオマーカーアッセイキットは、複数のモデル動物種(ラット、マウス、ブタ、イヌ、ネコなど)にわたって、多数の毒性アナライトを同時に定量することが可能です。

分析的に検証された弊社アッセイキットには、Luminex xMAP テクノロジー に基づく、下記構成品が含まれています。
  • 参照用ロットと一致することを検証済みの標準品
  • 血清又は血漿中のアナライトを正確にシミュレートした状況下で検量線を作成するためのSerum Matrix
  • 内部標準
  • プレックスサイズにかかわらず、一貫したパフォーマンスを確保できる検出抗体カクテル
  • A way to save precious sample. Determine how much sample is needed using the table here.
弊社のポートフォリオに含まれる、毒性マルチプレックスアッセイのアナライトのいくつかの例を次に記します。

腎毒性*:

従来のBUNや血清クレアチニン検査とは対照的に、適正な腎毒性バイオマーカーを検出することで、腎損傷を早期発見し、その位置を突き止めることができます。これは毒性の正確な評価のために重要です。

KIM-1 クラステリン カルビンディン
トレフォイル因子3(TFF-3) β2-ミクログロブリン シスタチンC
オステオポンチン レニン アルブミン
*selected analytes shown

すべてのMilliplex腎毒性アッセイを見る

肝障害*:

これらのバイオマーカーは、肝障害が発現すると循環器官内に放出される肝細胞及び肝胆道由来の酵素です。

ARG1 5’-NT SDH
GSTα GOT1
*selected analytes shown

すべてのMilliplex肝障害アッセイを見る

血管障害*:

心拍数や平均動脈圧に加えて、平滑筋や内皮細胞、免疫介在細胞中の主要なタンパク質を測定することで、有用なバイオマーカーが得られる可能性があります。

カベオリン-1 CINC-1/GRO/KC IL-6
MCP-1 PAI-1 TIMP-1
TNF-α VEGF
*selected analytes shown

すべての血管障害アッセイを見る

初期段階の毒性試験とは、細胞シグナル伝達や細胞代謝経路などの細胞経路に対する化合物の作用の評価を意味します。

アッセイキットを探す: 細胞代謝とシグナル伝達経路(細胞内アッセイ)

Luminex テクノロジー

マルチプレックスアッセイ(多項目同時測定)は初めてですか?

Luminexテクノロジーの原理についてさらに詳しく知りたい場合はここをクリックしてください。

Analyte Quarterlyをダウンロードして、最新のアッセイ全リストをご覧ください。

対象のアナライトとキットを検索して価格を確認—
ご注文を早く簡単にする2つのツール!

Interactive Product Selector

MILLIPLEXアナライトキットファインダー

ベストの品質データを得られるよう、まずは下記のアッセイファインダーを使って目的のバイオマーカーに適したアッセイを選択してください。
1
交差性を選択:

2
研究領域を選択:

3
ターゲットタンパク質を選択:

 

キットの設計と購入

最適なアナライトを把握していますか?ご自分でキットを構成できます。

カスタマイズ可能なパネルとプレミックスキット – または細胞シグナル伝達MAPmatesアッセイを選択

自分用のMILLIPLEX MAPキットを設計して、価格を確認しましょう。
 

モデル生物を用いた毒性試験:必要な被験物質量は?


モデルマウスラットブタ(ミニブタ)イヌ(ビーグル)
条件 体重30 g 体重250 g 体重7.5 kg 体重9 kg
10匹/性/群 10匹/性/群 4匹/性/群 4匹/性/群
4群 4群 4群 4群
25、250、500 mg/kg/日 25、250、500 mg/kg/日 25、250、500 mg/kg/日 25、250、500 mg/kg/日
28日間投与 28日間投与 28日間投与 28日間投与
+予備20% +予備20% +予備20% +予備20%
必要な被験物質量 約62 g 約520 g 約3120 g 約7500 g