Single Molecule Counting (SMC™) イムノアッセイテクノロジー

Request Information

関連リソース: カタログ | Analyte Quarterly

新しいAnalyte Quarterlyのダウンロード
Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/bmia-images/AQ2017Cover.JPG適切なアッセイの組み合わせをお探しください。

コピーを入手


Coming Soon! SMCxPRO™ システム カタログ
Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/singulex/SMCxPRO-flyer.jpg
ダウンロード


ビデオ
SMCxPROテクノロジーを用いた
バイオマーカー探索について



ニュース
1分子カウント技術で医薬品開発と臨床バリデーションを加速

DD&D記事を読む


SMC 超高感度イムノアッセイテクノロジー

Singulex社によって最初に開発された超高感度SMC™技術は、新しい生物学を前進させ、新しい治療薬の発見と開発を促進する、研究者の道具箱に不可欠なツールです。

現在、メルクは、SMC技術の力を、研究専用のErenna®免疫アッセイシステム、免疫アッセイキット、試薬、カスタマーサービスを通じて、世界中の主要な医薬品研究開発施設、医薬品開発業務受託機関(CRO)、学術機関に提供しています。

Singulex Erenna® 装置
SMC技術を採用したSMC Erenna装置は、含有量の低いバイオマーカーをベンチトップで定量できます。

これまで検出できなかったものが定量可能に。1分子カウント技術。

SMCによる1分子カウント(Single Molecular Counting, SMC)技術は、これまで検出できなかったレベルの分子の正確な測定を可能にし、類を見ないバイオマーカーインサイトを提供します。

ELISA法などの従来の免疫アッセイをお使いの皆様は、感度やマトリックス効果、ダイナミックレンジが、どのように測定を行うかを左右しうるということをご存知です。

従来の免疫アッセイワークフローと特許取得済みのSMC技術を組み合わせることで、タンパク質や核酸などの含有量の低いバイオマーカーを、類を見ない感度と正確さで検出でき、fg/mLレベルまでの濃度の測定が可能になります。これにより、心筋トロポニンIやサイトカインなどの確立された疾患バイオマーカーが極めて低濃度であっても検出でき、その濃度の変化を観察することが可能です。

1 mLあたり数fgでは検出できなかった…
Erika Cline博士がSingulex Erennaアッセイに切り替えた理由をご視聴ください。

Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/singulex/erika-cline-video.jpg
タブレットやモバイルからご覧いただく場合はこちらをクリック 



精度と感度の向上によって、研究にどのような利益があるのでしょうか?

  • これまで検出できなかったアナライトを定量できます。
  • サンプル集団をより良く層別化できます。
  • 新規の生物学的メカニズムへの洞察が得られる
  • 重要な意思決定のために必要なデータポイントがより少なくて済む
  • 創薬と開発を加速できる
  • プログラムの費用を削減し、生産性を向上できる

最新のSingulex Erenna免疫アッセイキット、カスタムサービス、Erenna免疫アッセイシステムのパンフレットをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。
Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/singulex/singulex-workflow.jpg
SMCアッセイワークフロー 捕捉・検出ステップでは、特異的な抗体が各バイオマーカーをシグナルに変換します。改良された溶出ステップでは、蛍光色素で標識された検出抗体が、免疫複合体から放出されます。続いて、その溶出物を、レーザーを照射する極めて小さな測定空間を持つErennaシステムの毛細管に導入します。一種類の蛍光色素で標識された分子が測定空間を通過する際に発する強い光を検出します。ピーク強度がバックグラウンドの蛍光閾値を超える検出シグナルを、デジタルイベントとしてカウントします。