Merckの高純度の活性タンパク質は研究に貢献いたします



Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Proteins-Enzymes/q3_13_BS_GEN-13-08713.jpg
生物系の研究においては必ず細胞機能を働かせるタンパク質の解析が必要です。Upstate®、Chemicon®ならびにCalbiochem®における長年の経験と技術知見を持つ弊社のタンパク質科学部門は最新の製造基盤とリーダーシップを兼ね備えています。ロット間の正確なデータが必要でしたら、ぜひメルクミリポアの定評あるキナーゼやECM、ユビキチンタンパク質、ヒストンならびに基質をご利用ください。

バルクおよび特注品を含むタンパク質と酵素の全リストをご覧ください。


関連リソース
アプリケーションノート:
定量アッセイを用いたE3リガーゼによる基質のユビキチン化の検出

お使いの回転数をご存じですか?新しい変換チャートでg-ForceをRPMに容易に変換できます。実験室に貼ってお使いください。
ポスター:
"Human Kinome and InhibitorSelect Libraries"
 
 
ライフサイエンス ソリューション

日本のライフサイエンス関連
情報をここに集約!
日本語版ポータルサイト

こちらからアクセス

Direct Detect

Direct Detect®
定量システム

詳細は
こちら

イベント