超純水と純水の定義


超純水と言えば 18MΩcmとよくいわれるように、超純水と純水の定義は、比抵抗(導電率)だけで語られていました。
しかし超純水と純水の水質要求の高まりにより、最近ではTOC表記の有機物量も指標として定義づけられるようになりました。
EDI方式や蒸留、イオン交換など精製方法で分類する方法もありますが、すべて純水というカテゴリーに含まれます。
純水は精製方式により水質が著しく違うので注意が必要です。


»超純水・純水の技術解説へ


Merck-JP:/01_JP_Image/JP_FreeStyle/JP_LW/JP_LW-LC-Water_Purification/JP_lw-LC-Learning/LW-Definitions-400x310-140818.gif



お問合せ先


メルク ライフサイエンス ラボラトリーウォーター事業部