高速と高性能を同時に実現。


従来の粒子充填型カラムとは異なり、メルクのクロモリスHPLCカラムは最先端のモノリスシリカの技術をベースとしています。ソル‐ゲルプロセスにより生成された一体型多孔質シリカゲルから成るクロモリスロッドカラムは、マイクロおよびナノメートルサイズの孔であるマクロポア・メソポアの二次元ポア構造を有しています。シリカ骨格のもつ高い通液性と空隙率、これらによりもたらされる背圧の低さによって、粒子充填型カラムよりも早い流速で使用できます。結果として、クロモリスHPLCカラムは、分離効率とピークキャパシティを損なわず、ハイスループット分析が可能になります。

Merck:/Freestyle/LE-Lab-Essentials/Chromatography/LE-Chromolith HPLC Columns-200x135-08282013.jpgマクロポアとメソポアの2次元ポア構造により、目詰まりの起こらない高速な物質移動が可能になります。

シリカ骨格のメソポア(平均孔径13 nm)は、微粒子充填型カラムの細孔に該当します。微細な多孔質構造により大きな比表面積が得られ、高効率な分離を可能にします。マクロポア(平均孔径2μm)は粒子充填型カラムの粒子と粒子の隙間に該当します。この大きな流路の存在により通液性に優れ、背圧が低くなり高流速での使用を可能にします。

特長と利点

1. 分析時間の高速化
  • 粒子径5μmのカラムと比べ、クロモリスは1/2の背圧で2倍の分離速度
  • ハイスループット ‐ 最大9倍まで高速化が可能
  • カラムの平衡も高速化が可能
2. 流速のの適応範囲の広さ
  • 流量の変化に迅速に応答
  • 広範な最適流速範囲
3. HPLCシステムの堅牢性、信頼性、汎用性にも安心を
  • 極めて高いカラム耐久性
  • HPLCポンプ・インジェクターシールのメンテナンスの軽減
  • 目詰まりしにくく、生体試料ですらサンプル前処理の簡易化が可能
4. 背圧を気にすることなくカラムの延長が可能
  • カラムの連結で得られる高い分離効率
  • 様複雑なサンプルに対応できる豊富なカラム長バリエーション
5. ハイスループット分析によるコスト削減
  • 試験方法のバリデーション費用を削減
6. クロモリスカラムは、すべての汎用HPLCシステムに最適なカラムです。
  • PEEK製のカラム管は取扱いが非常に容易

標準的な粒子型カラム 対 クロモリスHPLCカラム

一般的な3~5μmの微粒子充填型カラムは、背圧が高くなることがよくあります。従来の3または5μmシリカを充填したHPLCカラムは背圧が高くなることがよくあります。背圧が高くなると、カラムとHPLC装置の両方にダメージを与えるため、HPLCカラムは長さと理論段数が制限されてしまいます。充填剤の粒子サイズを小さくして段数を増やす試みもありますが、これでは背圧が高くなり、汎用的に使用することはできません。

迅速な分離工程の開発は、高速液体クロマトグラフィーにおいて最重要課題のひとつになっています。最新のラボでは、24時間稼動する自動化されたHPLCシステムを導入しています。分離工程をさらに加速させるためには、クロモリスHPLCカラムをおいて他に良い選択肢はありません。革新的な二次元ポア構造のおかげで、クロモリスカラムは標準的な粒子型カラムと比較してほんの僅かな時間で優れた分離が可能です。これにより低い背圧で、より迅速かつ高いサンプル処理能力を実現します。

クロモリスを用いた科学論文

Merck:/Freestyle/LE-Lab-Essentials/Chromatography/LE-Scientific Papers-150x112-12112013.jpg世界各国の研究室の科学者たちは、クロモリスHPLCカラムを使用して分析の困難な課題を解決し、論文を発表しています。特異的な分離条件の例が示されているので、彼らの経験はお客様ご自身の研究を進める上で役に立つはずです。

1. Comparison of the performance of Chromolith® Performance RP-18e, 1.8-mm
Zorbax Eclipse XDB-C18 and XTerra MSC18, based on modelling approaches
Pous-Torres, S.; Torres-Lapasio, J. R.; Garcia-Alvarez-Coque, M. C.
Analytical and Bioanalytical Chemistry, 405(7), 2013, 2219-2231

2. Determination of Preservatives in Cosmetics, Cleaning Agents and Pharmaceuticals Using Fast Liquid Chromatography
Baranowska Irena; Wojciechowska Iwona; Solarz Natalia; Krutysza Ewa
Journal of chromatographic science, 2013 

3. High-resolution monolithic columns-a new tool for effective and quick separation
Sklenarova, Hana; Chocholous, Petr; Koblova, Petra; Zahalka, Lukas; Satinsky, Dalibor; Matysova, Ludmila; Solich, Petr
Analytical and Bioanalytical Chemistry, 405(7), 2013, 2255-2263 

4. LC-MS/MS-ESI method for simultaneous quantitation of metformin and repaglinidie in rat plasma and ist application to pharmacokinetic study in rats
Sharma, Kuldeep; Pawar, Gopal; Yadam, Swetha; Giri, Sanjeev; Rajagopal, Sriram; Mullangi, Ramesh
Biomedical Chromatography, 27(3), 2013, 356-364 

5. A novel LC-MS/MS method for simultaneous quantification of tenofovir and lamivudine in human plasma and its application to a pharmacokinetic study
Matta, Murali Krishna; Burugula, Laxminarayana; Pilli, Nageswara Rao; Inamadugu, Jaswanth Kumar; Seshagiri Rao, J. V. L. N
Biomedical Chromatography, 26(10), 2012, 1202-1209
 
 
Chromolith WP

タンパク質/ペプチド分析向け
カラム

Chromolith WP

PDFダウンロード
 
クロマトグラフィー
アプリケーションノートファインダー
分析種、カラムの種類、検出方法、充填剤の種類、あるいは別のキーワードからクロマトグラフィーアプリケーションを検索:
 
HPLCワークフローソリューション - 固定相

HPLCワークフローソリューション

固定相

詳細はこちら
クロマトグラフィーアプリケーションの世界

クロマトグラフィー
アプリケーションの世界
お客様の関心分野の最新ニュースを提供する優れた情報源

The ultimate source for the latest news in your field

詳細はこちら
Chromolith® WidePore 300 HPLC Columns

Video

Chromolith® WidePore 300 HPLC Columns

Watch Video
 

イベント

11 12
12.11.18 - 14.11.18
EAS 2018
Crowne Plaza Princeton Conference Center
Plainsboro, NJ, USA
超純水・純水製造装置,低分子量医薬品,試薬、化学薬品、実験器具, ライフサイエンス研究 ,バイオ医薬品製造,化学分析とサンプル前処理 北米 20181112