マイコプラズマ試験

 
 

バイオ製剤製造でのマイコプラズマ試験の必要性

Request Information

マイコプラズマのコンタミネーションは細胞培養システムで広く、頻繁に起こる問題です。これらの微生物はモリキューテス網に属し、比較的小さく(0.2~0.3µm)、細胞壁が無く、従ってこうした構造に効くペニシリンなどの抗生物質は効かず、その他多くの抗生物質にも耐性を示します。そのため濁りなどの通常のコンタミネーションの徴を発すること無く培地で高い滴定濃度まで繁殖します。

バイオリアクターのコンタミネーションは、プロセスの初期に見つけなければ、大きな時間、材料、収益の無駄につながります。実際、微生物によるコンタミネーションはバイオ製剤製造でのバッチ損失の大きな原因です。従って、生産工程の様々な段階でマイコプラズマの試験をすることが重要です。Merckは公定および迅速ソリューションの両方を提供して、高い信頼性でマイコプラズマを検出します。

マイコプラズマ試験
 
 
マイコプラズマ培地パンフレット

パンフレット

マイコプラズマ培地

ダウンロードはこちらから
 

イベント

9 05
5.9.18 - 7.9.18
JASIS 2018
幕張メッセ
千葉, 日本
産業マイクロバイオロジー,超純水・純水製造装置,化学分析とサンプル前処理 アジア / パシフィック 20180905