ワクチンラーニングセンター

 
 
Request Information

ワクチン精製


ワクチンは、長時間にわたる免疫反応を生じさせる、生物学的な活性製剤です。これらはポリオ、インフルエンザ、子宮頸がんなどを引き起こすウイルス性病原体や、肺炎、髄膜炎、百日咳、破傷風、炭疽病などを引き起こす細菌性病原体から製造することができます。ワクチン製造には通常、複数のろ過工程と精製工程が必要です。精製ワクチンを得るためには、選択された微生物の増殖、次にその選択抗原の分離、精製、調整、滅菌が必要です。

メルクは、細胞培養、ろ過、クロマトグラフィー、濃縮、混合、ディスポーザブル技術ならびにプロセスモニタリング、製剤化、ワクチンの最終充填用の製品とサービスを提供しています。
多糖類コンジュゲート
多糖類コンジュゲートワクチンの世界市場は今後も拡大を続けることが予想されています。これは、新興国に(投与回数を増やすなど)新しい要件が加わり、先進国における国家的予防接種プログラムが変更され、WHO優先リストに多数の多糖類コンジュゲートワクチンが含まれたためです。                                             
詳細はこちら
ウイルスベクター
バイオ医薬品製造の新たな展開は、ウイルスベクターワクチンには独自の課題があったということです。様々なウイルスがウイルスベクターとして安全に使用できると考えられています。これにより、製造に使用するウイルスの多様な特性に伴う、プロセスの問題が生じるのです。
詳細はこちら
プラスミドDNA
プロセスの必須条件
清澄化と固形分の除去(バッグフィルターの代わりに)、濃縮とダイアフィルトレーション(カラムクロマトグラフィ工程前)、濃縮とダイアフィルトレーション(最終調剤)、滅菌ろ過…
詳細はこちら



top

 
 
FMD Vaccine Production Community on LinkedIn® - Join Now

FMD Vaccine
Production community
on LinkedIn®

Join Now

News

28.06.2016
Merck to Develop Next-Generation Purification Processes with International Vaccine Institute

Merck has entered a research agreement with the International Vaccine Institute (IVI) of Seoul, South Korea to help develop more robust, scalable vaccine manufacturing processes.

20160628 低分子量医薬品,バイオ医薬品製造
ニュース一覧を見る