メルク ファーマシンポジウム 2018

DDS製剤開発とグローバルレギュレーション

| プログラム | 申し込み |

本シンポジウムは昨年9月に第1回を開催し、「グローバル・レギュラトリーの動向および製薬業界の動向・新技術」と題してICH Q3DおよびICH Q12といったレギュラトリーの最新動向に関する講演、そして製薬業界の動向として医薬品の開発と製造における昨今のトレンドおよびシェア80%時代に向けたジェネリック医薬品の開発・生産に関する講演を、国内外の第一線で活躍する演者の方々よりご提供させていただきました。
第2回目となる今年は「DDS製剤開発とグローバルレギュレーション」と題し、昨年に引き続きグローバルにおけるレギュレーションの動向をとらえつつ、製剤技術の進歩と今後の展望をDDSの視点から先駆者の先生方にご講演頂くことを予定しております。医薬品開発、製造に携わる皆様にとって有用な情報としてご活用いただけるものと存じます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要
日時: 2018年9月11日(火) 10:20~16:50(受付開始 9:45)、懇親会17:00~18:00

会場: 東京国際フォーラム ホールD7
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
定員: 100名 ※定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。

参加費:無料

※ご同業他社様、並びに販売店、医薬品製造業に関わりの無い一般の方のご参加については、誠に申し訳ございませんが、ご遠慮いただいておりますのでご了承ください。
※ 講演後に立食形式の懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。
主催:
メルク株式会社 ライフサイエンス  プロセスソリューションズ事業本部
シグマ アルドリッチ ジャパン合同会社 
お申込み方法:
  • 申込みフォームより、必要事項を記入の上、お申込みください。2週間以内に受講証をメールにてご送付します。
    満席となりましたので、申込み受付は終了いたしました。

 

【講演プログラム】(英日・日英同時通訳付)
9:45 受付開始
10:20-10:30 開会のご挨拶
座長(午前の部)
米持 悦生氏
星薬科大学薬学部薬品物理化学 教授
10:30-11:10 講演1. 欧米におけるレギュレーション最新動向
Regulatory trends and development in EU and US for pharmaceutical raw materials
Dr. Najib Sehat
Merck
11:10-11:50 講演2. 中国におけるダイナミックなレギュレーション変革
Overview and recent changes on Drug, API and Excipients registration regulation in China
Colin Li
Merck
11:50-12:30 講演3. 脂質ナノ製剤における品質特性が機能に及ぼす影響
中村 孝司 氏
北海道大学大学院薬学研究院 医療薬学専攻 薬剤分子設計学研究室
12:30-13:30 昼食休憩(お弁当をご用意します)
座長(午後の部)
森部 久仁一氏
千葉大学大学院薬学研究院製剤工学 教授
13:30-14:10 講演4. 革新的DDS技術によるバイオ創薬
岡田 弘晃 氏
株式会社岡田DDS研究所
14:10-14:50 講演5. SynBiosys® - biodegradable polymer platfom for development of long-acting injectable sustained release formulations for biological therapeutics
Rob Steendam Ph.D.
InnoCore Pharmaceuticals B.V.
14:50-15:20 休憩
15:20-16:00 講演6. リポソーム製剤の開発とグローバルレギュレーション
菊池 寛 氏
エーザイ株式会社
16:00-16:40 講演7. 高分子ミセルDDSの製剤開発と臨床開発
城戸 義幸 氏
ナノキャリア株式会社
16:40-16:50 閉会のご挨拶
17:00-18:00 懇親会

講演内容および講演時間等は変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
*各講演の要旨・演者略歴につきましては、随時、本Webサイトに掲載されますのでご覧ください。


問合せ先:

メルク株式会社 ライフサイエンス
ファーマシンポジウム事務局

TEL:03 - 5434 – 6341(代表)
E-mail : jpmcom@merckgroup.com