SNAP i.d. 2.0 吸引式免疫反応システム

Request Information

関連リソース:カタログ | アプリケーションノート

We’re giving away a SNAP i.d.® 2.0 System!      [海外情報]

Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/snap/snap-id-42115.jpg

Enter to Win

Merck:/Freestyle/BI-Bioscience/Protein-Detection/western-blotting/western-blotting/snap-and-go-cover.jpg

カタログ:

ウェスタンブロット及びIHC用SNAP i.d. 2.0システム

PDF ダウンロード

複数のスライド、複数のブロット、複数の条件に対応

従来のタンパク質検出ワークフローには、実験の万能性を広げる余地がまだまだあります。メルクミリポアは、皆様にご満足いただきたく、ウェスタンブロットと免疫組織染色(IHC)実験を効率化するためのSNAP i.d. 2.0システムを設計しました。

コンセプトはシンプルです。ブロッキング溶液、抗体溶液および洗浄溶液の吸引式フローが、スライドとメンブレン操作を減らします。すなわち、振とう、浸漬、注ぎの作業が大幅に減り、待機時間が短縮します。

これにより、複数のブロットとスライドを並行して処理できるようになるため、すべての実験に均一の条件を簡単に適用できます。

ウェスタンブロット用SNAP i.d.2.0システム

Snap i.d. protein detection system for Western Blotting applications
免疫検出のため、ウェスタンブロッティング用試薬をおよそ30分でメンブレンを通過させます。

ウェスタンブロット用SNAP i.d. 2.0システムの詳細はこちら

SNAP i.d.® 2.0 System for IHC [国内販売無し]

Snap i.d. protein detection system for IHC applications
Process all of your slides in a SNAP for streamlined IHC.
 

Learn More about SNAP i.d.® 2.0 System for IHC