Millipore Sigma Vibrant Logo


 
ポータルTop 生化学 細胞生物学 汎用実験試薬・器具 バルク・カスタム試薬


沈殿補助色素 Pellet Paint

  • エタノール沈殿後のペレットを目視で確認可能
  • 専用 3M 酢酸ナトリウム溶液(pH 5.2)を同梱
  • シークエンサーにも対応!(製品番号 70748)
※プライマー等の50 nt 以下の核酸の共沈には適合しません。

【製品説明】

Pellet Paintは核酸のアルコール沈殿(エタノール、イソプロパノール)の際に加える沈殿補助色素です。Pellet Paintは、核酸ペレットを可視化し、操作ミスによるペレットの紛失を防ぐために使用されます。また、アルコール沈殿時の低温でのインキュベートも不要で、アルコールを加えた後すぐに遠心可能です。沈殿時に用いる3M 酢酸ナトリウム溶液(pH 5.2)も同梱されています。Pellet PaintはUV吸収を示しますが、A260とA555を測定し、吸光率(ラベルに記載)を補正因子として用いることで、正確に核酸濃度を測定可能です。計算式は下記の通りです。

Pellet ラベル

【計算式】
サンプルのA260 -(サンプルのA555 × Pellet Paintの吸光率(ラベルに記載))=核酸の吸光度
たとえば、A260 = 0.103、A555 = 0.035、吸光率 = 0.568の場合、
0.103 -(0.035 × 0.568) = 0.08312
つまり、補正されたサンプルのA260 は0.08312となります。260 nmにおける吸光度1.0が、DNA 50 μg/mLに相当するので、このサンプルのDNA濃度は
0.08312 × 50 = 4.156 μg/mL
と計算されます。
希釈をして測定した場合、さらに希釈倍率をかけてください。

 

【Pellet Paint 】

 

Pellet PaintPellet Paint Co-Precipitant(製品番号 69049)は蛍光色素を用いており、鮮明なピンク色の沈殿により、DNAのペレットを容易に確認できます。

 

【Pellet Paint NF】

Pellet Paint NF Co-Precipitant(製品番号 70748)は、非蛍光色素を採用している補助色素です。蛍光シーケンシングや、蛍光プローブを用いた定量PCR、FISHプローブの作製など、蛍光検出を必要とするような場合にご利用いtだけます。特に、BigDyeサイクルシーケンス反応産物のアルコール沈殿の際に本製品を用いると、簡単・迅速に未反応のBigDyeターミネーターを除去可能です。

Pellet Paint NF Co-Precipitant

【プロトコール】

Pellet Paint 2 μL*と0.1倍容の3M 酢酸ナトリウムを加え、よく混合する。

2倍容のエタノールまたは等量のイソプロパノールを加え、よく混合する。

室温で2分静置する。

5分間遠心

上清を捨て、ペレットを洗浄する。

* Pellet Paint NF(製品番号 70748)の場合は1 μL

 

List 1 and 2

 

製品名カタログ番号包装単位
Pellet Paint Co-Precipitant 69049-3CN 125 rxn (250 μL)
69049-4CN 1000 rxn (2 mL)
Pellet Paint NF Co-Precipitant 70748-3CN 125 rxn (125 μL)
70748-4CN 1000 rxn (1 mL)

 

2015/6/15 更新
2009/6/29 作成

 


お問合せ先


メルク ライフサイエンス リサーチ&バイオロジー

 

※掲載価格は希望販売価格(税別)です。実際の価格は弊社製品取扱販売店へご確認ください。なお、品目、製品情報、価格等は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。



 ★メルク製品関連の最新情報を配信  Facebook   twitter   MilliGram 
 
学術情報

ライフサイエンス学術情報・
刊行物

最新の技術情報誌や学術資料を掲載
Tips

ライフサイエンス Tips・
アプリケーション・事例

製品や技術のTipsや最新アプリケーション、ケーススタディを掲載

学会・セミナー・展示会出展情報