酸化ストレス関連阻害剤

Request Information

不安定な細胞環境や酸化ストレスを引き起こす過剰なフリーラジカルは、アルコールや薬剤の摂取、栄養不足、外傷、風邪、毒素、過度な運動にさらされた結果生じます。フリーラジカルとその他の活性酸素種(ROS)は、細胞が酸化剤や電離放射線にさらされると形成されます。ROSは、発ガンの初期段階として知られている、DNAの損傷を誘発することがあります。ROSによる他の生体分子の損傷は、アテローム性動脈硬化症、脳および心臓虚血再灌流障害、慢性関節リウマチ、炎症、糖尿病、老化、神経変性疾患および他の疾患につながります。

Calbiochemは、数多く論文に引用されている、酸化ストレスの修飾のための品質の高い低分子阻害剤を提供しています。



アルギナーゼ阻害剤

Mn2+金属酵素であるアルギナーゼは、尿素排出動物においてL-オルニチンと尿素を生成するためのL-アルギニンの加水分解を触媒します。分布によってアルギナーゼの2つのアイソフォームが類型化されます。アルギナーゼと一酸化窒素合成酵素(NOS)の相互調節により、アルギナーゼ阻害剤は、勃起障害やポリアミン誘導性の気管支狭窄といった、NO依存性の平滑筋障害の治療における治療可能性があると考えられています。

グルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)阻害剤

グルタチオン-S-トランスフェラーゼ(GST)阻害剤は、多くの疎水性化合物とともに、グルタチオンの修飾を触媒するアイソザイムのファミリーを構成します。GSTアイソザイムの発現の増加は、アルキル化の細胞増殖抑制阻害剤に対する耐性発現と結びついています。この耐性は、様々な形のがんの素因を増加させるといわれています。したがって、GSTの状態は、放射線治療の臨床結果を判断するときに、有用な予後因子となります。

グアニル酸シクラーゼ阻害剤

グアニル酸シクラーゼ(GC)は、可溶性画分と顆粒画分の両方に分布し、セカンドメッセンジャーのサイクリックGMP(cGMP)形成を触媒します。可溶性酵素は、フリーラジカルおよびニトロ系血管拡張薬による制御が可能で、顆粒酵素はさまざまなペプチドによる制御が可能です。cGMPシグナル経路は、cGMP依存性プロテインキナーゼやcGMP調節ホスホジエステラーゼ、cGMP依存性イオンチャンネルに介在されます。cGMPの活動は、cGMP分解ホスホジエステラーゼの活性化で抑制されます。GCは、可溶性GC(sGC)または受容体に結合したメンブレン結合酵素として存在します。

一酸化窒素合成酵素(NOS)阻害剤

反応性に富み、拡散性の不安定ラジカルである一酸化窒素(•NO)は、細胞免疫や血管新生、神経伝達、血小板凝集など広範な生理過程の制御において重要な役割を果たします。•NOは、2ステップの酸化過程において、一酸化窒素合成酵素(NOS)の働きによりL-アルギニンから合成されます。NOSには3つのアイソフォームが存在することが知られています。シグナル伝達のさまざまな側面において3つすべてのNOSアイソザイムが関連するため、NOS阻害剤は虚血再潅流傷害や薬剤の降圧効果、サイトカインに応答する炎症反応の管理に有力視されています。


Nrf2活性化剤:抗酸化剤および神経保護因子

ロイシンジッパー転写因子である核因子赤血球由来2関連因子2(Nrf2)は、抗酸化反応エレメント(ARE)と結合し、防御機構に関連する多数の遺伝子発現を制御します。また、抗酸化反応や抗炎症反応の維持にも関連しています。Nrf2は、通常の細胞環境では内因性の阻害剤であるKelch様ECH結合タンパク質1(Keap1)と結合していますが、活性化に伴って核移行します。Nrf2-ARE経路は、酸化ストレスや感染症、炎症条件下で活性化されます。このシグナル経路の活性化は、スーパーオキシドディスムターゼやカタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼの生成を誘導し、フリーラジカルの除去に重要な役割を担います。そのため、このシグナル経路に問題が生じると、過剰な酸化ストレスと不均衡な炎症反応につながります。Nrf2は神経変性疾患における主な神経保護分子として知られてきました。Nrf2およびKeap1の発現異常およびNrf2/AREシグナル経路の調節異常は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)やその他の神経変性疾患における慢性的な運動ニューロン変性と関連付けられています。そのため、このシグナル経路は、ALS、パーキンソン病、ハンチントン病、およびアルツハイマー病を対象とする創薬のための重要な標的となっています。